忍者ブログ

★★C4D★★

自分専用C4Dリファレンス
MENU

ENTRY NAVI

  • Home
  • アドバンスレンダー

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GIと発光と反射の実験

lit
反射率が低い状態で発光オブジェクトの反射だけ白くするテストです

1:GIにチェック、
 空オブジェクトを用意(ライトは使わない)
 発光にチェックをしたマテリアルを用意(円柱に適用してライトとして使う)
 反射にチェックをしたマテリアルを用意(地面)

2:円柱ライトは発光の明るさを、100〜1000まで設定して並べたもの
 地面には反射の設定したマテリアル、反射率=4%

 発光1000にすると反射率=4%でも白く反射するようになる

3:空オブジェクトを消してレンダリングしたもの
 少し薄くなるので地面の反射率=9%に上げる

 暗くしても発光の反射はくっきり見える

lit2
イメージとしてはこんな感じです
発光=1000
反射率=4or9
img
これは空オブジェクトに発行マテリアルを適用したもの
発光=1000
反射率=4

(後追加)
HDRテクスチャをマッピングした場合
hdr
空オブジェクトにHDRを貼ってます
赤いテクスチャの反射を1%の状態にする

HDRテクスチャの設定(カラーに貼ってます)
1.初期では光が反射しない
2.露出 >1 ガンマ >0.2 あたりにすると少し反射
3.露出 >1.5 ガンマ >0.1 にすると白くなる

ただしGiでレンダリングするとすごい光る

拍手[0回]

PR

サブサーフェーススキャタリング


マテリアル設定のカラーのチェックを外して,発光のチェックを入れる。
テクスチャ>特殊効果>内部拡散反射>設定を出す。


左から,中間の設定。透過を下げた設定。フィルタの強度を下げた設定。

拍手[0回]

モーションブラー

mis

att
オブジェクトを右クリックしてモーションブラータグを付ける。
そしてレンダリング設定でベクターモーションブラーのチェックを入れる。

re
また,Render to Picture Viewerでないとブラー結果が出ないので注意。

もぶ
ブラーの設定レンダ結果

拍手[0回]

コースティクス

cos

レンダリング設定とライトのアトリビュートにチェックcos-a

拍手[0回]

被写界深度設定

dof
カメラを出し,カメラビューに切り替えます
レンダリング設定とカメラのアトリビュートにチェックを入れます

dof-a

TOPビューのカメラの三角形の上のダークグリーンのの部分にオブジェクトを入れる
と調度前後がぼけるようになる。

dof

拍手[2回]

× CLOSE

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[11/23 煤]
[03/29 NONAME]
[03/16 NONAME]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © ★★C4D★★ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]