忍者ブログ

★★C4D★★

自分専用C4Dリファレンス
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

R13の歩行機能で自動餅つきマシーンを作って見る

歩行機能(Cモーション)を使って自動化した機械を作ってみました
ただ製作者の意図と違った使い方をしてるので問題も多々あります

cm
Cモーションの使い方
まずあらかじめ立方体を用意しておきます

1:キャラクタ >Cモーションを出す
2:立方体を、Cモーション設定にドラッグ
3:立方体を選択して
アクション >パラメータ >追加でパラメータを出す
4:Cモーションをオンにする(これは後でもいい)
5:
パラメータを選択
パラメータ >位置
チャンネル >Z
でいろいろ設定が出てくる

位置 >391cm(任意)
カーブ >CTLでポイント追加して下に移動

これで再生するとZ方向に立方体が左右に動く
ちなみにCモーション設定の上のほうに時間(F)を変える所があります

cm2
自動餅つきマシーンを作る

とりあえず必要なのは赤と緑のオブジェクトです、それを階層構造にします
1:2つのオブジェクト(赤、緑)をCモーションに入れる
2:赤 パラメーター Z
緑 パラメーター Y
カーブを上図のように設定する

これで再生すると赤が前に出たときに緑が餅をつきます
おわり

最初に書いた問題点
1:オブジェクトの軸をずらせない
(最初オブジェクトの位置調整が大変でしたがこれはヌルを使って階層構造にして解決)
2:カーブにリニアがない(残念です)
修正、、右クリックで”角度/長さをゼロ”にするとできました
2

(後追加)
mmmm
Cモーションのなかにいろいろオブジェクトが入れられます
(今回はライトを入れてます)
また、Xpressoのように各オブジェクトのパラメータにつなげて、アニメーションできるみたいです

ユーザーデータにいろいろまとめて,みたいなこともできそうです

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[11/23 煤]
[03/29 NONAME]
[03/16 NONAME]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © ★★C4D★★ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]